大きく変わる、クルマの税。

文字サイズ

CHANGE 1:新車の「自動車税」が毎年減税!

CHANGE 1:新車の「自動車税」が毎年減税!

「自動車税」って何?

  • 「自動車税」とは、登録車を所有している場合に、4月1日時点の車検証上の所有者に対し、排気量に応じて毎年課税される税金です。
  • 毎年5月頃にお住まいの都道府県税務事務所から「自動車税納税通知書」が送付され、 所有者自らが納税を行います。
※軽自動車を所有している場合は「軽自動車税」が課税され、市町村税務事務所から「軽自動車税納税通知書」が送付され、納税を行います。

10月以降、どう変わるの?

  • 10月以降に購入(※)する新車登録車から、「自動車税」が毎年減税になります。
    ※10月1日以降に初回新規登録を受けた場合
  • 2,000cc以下のコンパクトカーほど減税額が大きく、この排気量では年間最大4,500円、10〜15%程度の毎年減税となります。
  • 全排気量で「自動車税」が引き下げられるのは、1950年の制度創設以来初めてです。
例えば、1,500ccの自動車を8年間保有した場合、現行(9月末まで)34,500円/年の「自動車税」は、10月以降に購入する新車登録車から、年間4,000円引き下がり、30,500円/年になります。8年間では合計32,000円(▲4,000円×8年)の減税です。
[排気量毎の税額一覧]
(自家用乗用車)
PAGETOP
経済産業省(法人番号 4000012090001)
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 
代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy,
Trade and Industry. All Rights Reserved.